カードローンの審査のときはどんなことをするの?

カードローンの審査に落ちないためのポイントは?

カードローンの審査を申込む際に、一体どんなことをするのか疑問に思っている人も多いのではないでしょうか?
具体的には、審査では身分証などを提出したり、在籍確認の電話がかかってきます。
それらを無事終えれば、晴れて審査終了となりますが、実際にはカードローンの審査に落ち手しまったという経験がある方は意外と多いのではないでしょうか?
自分では絶対に大丈夫と思っても、審査に落ちてしまうことは珍しくありません。
ここでは「審査に落ちる原因」についても、いくつかご紹介していきましょう。

 

 

まず考えられるのが収入面ではないでしょうか。審査では特に重点的にチェックされる項目で、
安定していることが条件となっています。アルバイトやパートでは収入が少ないから審査に通ら
ないと考える方もいらっしゃいますが実は関係ありません。
収入の高さではなく安定があるのかをみますので、正社員でなくとも審査に通る可能性はあります。

 

 

改正貸金業法施行で年収の3分の1までしか借り入れができなくなったのはご存知かと思います。
すでにこの限度額まで借り入れを行っているにもかかわらず、他社で申し込みをしようとする方は意外と多いようです。
この総量規制は一社ではなく合算ですのでお間違えないように注意してください。

 

 

総量規制違反と多少かぶりますが、すでに複数の会社から借り入れを行っている場合も審査に落とされる可能性は高くなります。
この場合自転車操業していると可能性が高いとみられるからです。

 

これまでに他社の借り入れによる返済で遅滞したり滞納した事があると審査に通過するのは難しいです。
ばれないと思っている方も多いようですが、信用情報機関に記録が残ります。
この情報は全ての金融機関が閲覧することが出来ますので直ぐに分かります。

 

これらのことは、知っておくだけでもぜんぜん違います。
ぜひカードローンの審査時には役に立ててくださいね。


もし急にお金が必要になった場合には、消費者金融の大手であるアイフルに申込をすることによって、借入が可能です。

 

アイフルはTVコマーシャルでも一般的に知られている有名会社であり、安心してお金を借りることが出来るでしょう。

 

そこで、ここでは派遣社員の方がアイフルでキャッシングすることは可能なのかどうかを調べてみました。

 

まず最初に結論から書きますが、「アイフルなら派遣社員でも利用可能」です。

 

これはアイフルに限らず、全ての消費者金融でも同様であり、派遣社員として安定した収入があれば審査の上、融資が可能です。

 

中には正社員と偽って申込書に記載する方もいらっしゃるようですが、個人情報の嘘偽りは個人信用情報機関のデータベースにより、結局バレてしまいます。

 

嘘がバレると融資が可能だった場合でも、断られてしまう可能性がありますので、きちんと正直に雇用形態を記載するようにしましょう。
忙しい派遣社員の方の中には、どうしても店舗や自動契約機にまで足を運ぶ時間が無い方もいるかもしれません。

 

そんな時でもアイフルではインターネット申込を提供していますので、パソコンやもちろんのこと、スマートフォンやタブレットPCなどからも申込が出来ます。

 

このように、正社員でなくても安定収入が認められればアイフルでお金を借りれます。

 

ぜひ賢くキャッシングしてくださいね。

40万円が急に必要になったという場合、どのようにして準備すればいいのでしょうか。

 

40万円といえば、一般的なサラリーマンの月収を超える金額であり、すぐに準備するのは貯金でもしていない限り非常に難しい金額となります。

 

ではどのようにすればすぐに40万円準備できるのでしょうか。ここではその方法について解説しましょう。

 

即日で40万円準備する方法としては、その1つとしてキャッシングがあります。

 

キャッシングといっても銀行系カードローンや信販系カードローン、消費者金融系のカードローンなど色んな種類があり、その中でも即日融資が出来るのは消費者金融系がほとんどです。

 

では消費者金融系で借りる場合、40万円は可能なのでしょうか。

 

40万円を借りるためにはいくつかの条件があります。

 

1つは安定的な収入があること。

 

2つ目は年収が120万円以上あること。

 

3つ目は過去にローンの延滞などがないことです。

 

これら3つの条件を満たすことによって40万円借り入れすることは難しくないでしょう。

 

また即日にこだわるのであれば、申し込みする時間帯も重要。

 

平日であり、さらに14時までに契約を完了しておく必要があります。

 

これらの条件を満たして初めて即日で40万円を借りることが出来るでしょう。

イオン銀行カードローンBIGというカードローンを知っていますか?

 

これはイオン銀行が発行しているカードローンで最近利用者が増えているそうです。

 

テレビCMで頻繁に宣伝している訳でもないのに利用者が増えているのには何か理由があるのでしょうか?

 

イオン銀行カードローンBIGはイオン銀行に口座を開設していると即日審査結果が出たり、極度額が800万円まで設定されていたりするので人気を集めているようです。

 

しかし、別に審査がゆるいという訳ではなさそうです。

 

ではイオン銀行カードローンBIGは農家でもキャッシングが出来るカードローンなのでしょうか?

 

農家であればイオン銀行カードローンBIGに申し込むのに確定申告書の写しが必要となってしまいます。

 

これは収入がある事を証明する為です。

 

イオン銀行カードローンBIGは安定収入があれば農家でもお金おw借りる事は可能なのです。

 

しかし、審査に時間がかかってしまいますし、余りにも月の収入の増減が多い場合は審査に通らない事もあります。

 

ですから借入できるかは審査を受けてみないとわからない部分もあるようです。

 

イオン銀行カードローンBIGでの審査が不安な農家の人は、消費者金融での審査申込みも検討してみてはどうでしょうか?

 

消費者金融のカードローンなら農家でも安心して申し込みが出来、借り入れが出来る確率も高いのでオススメです。

多くのカードローンでは収入がない方に貸付は行なっていません。
カードローンは通常のローンと異なり、無担保で利用可能です。
これは金融機関からすればかなりのリスクと言えます。

 

その為、何が何でも借りてから直接返済してもらわないと非常に困ってしまいます。
その為審査では収入に関する項目を重点的にチェックします。

 

では、収入の無い専業主婦は銀行系のカードローンでキャッシングは不可能なのでしょうか?
専業主婦の場合は夫の名義で申し込めば可能ではあります。

 

また、イオン銀行カードローンBIGであればご主人がちゃんと働いていて安定収入があれば、専業主婦でも審査通過することは可能です。
ですので、専業主婦の人はイオン銀行カードローンBIGに申込みするのがオススメでしょう。
ただ審査は消費者金融などに比べると、少し厳しめなのでご注意を。

 

ちなみに銀行系の審査はかなり時間がかかります。
2週間前後は見ておいた方が良いと言われているほどで、それだけ審査は慎重に行われます。
直ぐにでもお金を借りたい方には銀行系カードローンは向いていません。

 

パートをしている主婦の人などは、どちらかというと消費者金融系のカードローンの方が最適です。
金利は多少高くなりますが、申し込んだ当日にキャッシングが可能なほど審査は早く済みます。
銀行系と比較して消費者金融系の方が借りやすいので利用者も多いです。

 

ただし即日借入の場合指定の時間までに手続きを済ませる必要がありますので注意が必要です。
遅くとも14時までには振込手続きを完了しておくのが望ましいです。

銀行系カードローンはアルバイトでも借り入れできるのか、気になるところではないでしょうか。

 

雇用形態の多様化に伴いアルバイトで整形を立てている方も多い現代です。

 

ですがアルバイトですと大きな収入は見込めません。

 

お金が足りなくなったり、急な出費を要する場合にカードローンは便利です。

 

しかし毎月の返済に苦労する可能性もあります。

 

その為少しでも返済の負担を減らすため金利の低い銀行系カードローンでキャッシングしたいところでしょう。

 

アルバイトでも銀行系のカードローンに申し込むことは可能ですが、お金を借りるのは正直難しいと言えます。

 

銀行系は低金利で貸付を行う分審査が厳しいからです。

 

安定した収入があれば言いわけではなく、勤続年数、家族構成、これまでの金融情報など様々な条件を加味して審査にかけます。

 

カードローンは一度も審査に落ちると、その情報が信用情報機関に保有されます。

 

金融機関はこの情報を見ることができます。審査落ちの経験があると今後カードローンを作る時に不利になります。

 

ですから審査通過の難しい銀行系で無理に作ろうとする必要はないかと思います。

 

アルバイトでカードローンを作るのであれば、消費者金融系の方が比較的容易ですからオススメです。

 

即日キャッシングにも対応していますので非常に便利です。

 

モビットは基本的に安定収入があれば、職業問わずお金を借りることができます。

 

通常の会社員はもちろん、農業などの自営行をしている人も即日で融資を受けることも可能です。

 

会社員や公務員などではない農家ということで、モビットなどの消費者金融からは借り入れができないと考えてしまいがちですが、実際にはそうしたこともなく、農家でも融資は受けれます。

 

借り入れをする際には、審査に申し込みをしますが、その際に確定申告の写しなどを持参しておくと、いいようです。

 

まずは農家としてしっかりと収入があるということを見せておかなければならないのですが、通常の農家として働いていて、ある程度の収入がある人であれば、特に審査に落ちることはありません。

 

しかし、農家ではあるものの、あまり作付けが大きくなく、収入が少ないという人は、借り入れをするのも少し厳しいかもしれません。

 

これは、ある程度の収入がないことには借り入れができないようになっているからなのですが、
一般的な農家の場合は、それほど収入が少ないということはないので、モビットで融資を受けれないということは無いでしょう。

 

なので農家だからといって、特別、借り入れが難しいというようなことはありません。

 

モビット以外の消費者金融であっても、これは同じことであるので、お金を借りる際には、収入がしっかりとあることが前提であると覚えておくといいようです。

まず銀行系カードローンについてお話しますが、銀行系カードローンで50万円を即日借入するとなると、相当安定した収入が必要となります。

 

その理由は銀行系カードローンの殆どは審査が厳しく、正社員でしたら借りられるかもしれませんがアルバイトでは正直なところ難しいかもしれません。

 

また銀行系カードローンは当日中すぐの融資が難しく、概ね数日後の融資実行となります。

 

確かに総量規制対象外という大きなメリットがあるのですが、総合的な判断をするとあまりオススメ出来ません。

 

では次に消費者金融を利用しての50万円の即日キャッシングですが、初回からいきなり50万円の枠設定は銀行系同様に正社員でなければ難しいです。

 

もちろんアルバイトでも借りることが出来ることもありますが、年収が最低150万円無ければいけません。

 

消費者金融は総量規制が適用されますので仕方がありません。

 

このように50万円を即日借入するためには少々ハードルが高いことがわかります。

 

それでも決して不可能ではありません。

 

消費者金融なら希望額を借りれるかもしれません。また初回で50万円を借りれなかったとしても、何度か借入と返済を繰り返すことで、徐々に限度額が広がります。

 

まずは消費者金融に希望額を伝え申込みをしてみてください。